Gasmatch Blog

作曲活動とか日々のこととか
トップページへ行く!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「零戦燃ゆ」という映画を見た | main | 南米旅行おすすめポイント・攻略ポイントまとめ ウユニ編(+チチカカ湖) >>

南米旅行おすすめポイント・攻略ポイントまとめ マチュピチュ編

マチュピチュ観光の抑えておくと良いポイントをまとめておきます。
次に行く人の参考になれば幸いです。
我々は雨期である2/5〜2/18で旅行に行きましたので、その時期の情報になります。

・ワイナピチュには絶対に登るべき
マチュピチュを山の上から眺められ、絶景。旅行会社によっては「危険なのでおすすめしない」などとされているが、気をつけていれば落ちるようなところではない。階段は急だがそれほど危険は感じない。日本の宝剣岳などのほうが全然険しい。毎年落ちる人がいるなどとの情報もあるが、ワインボトルを片手に登っている外国人がおり、そういう人がたまに落ちているっぽい。
入山には人数制限があり、登るには事前予約が必要なので注意。
登山装備はハイキングシューズ+軍手が良い。石の階段でわりと整備されているので登山靴は必要ない。むしろ足首まで固まる&底が硬いので歩きにくいと思う。妻は登山靴があっても良いんじゃないかと言っている。

・ワイナピチュからマチュピチュを眺めるのは山頂からの下りにある段々畑からがお勧め
ワイナピチュの山頂付近は上りと下りが一方通行で別ルートになっている。上りの段々畑は人がいっぱいいるが、下り側はみんなさくさく降りていくため比較的立ち止まって眺めている人が少ないので良い。山頂付近は狭くて混むため素早く山頂まで行き、下り途中でじっくり時間を取って眺めるのがお勧め。

ワイナピチュからマチュピチュを望む

・早朝から行くべき
雨期の天気は毎日同じような天気で、朝に雨や曇りで昼にはスカっと晴れる、というのが典型的な天気らしい。朝に行くともやに煙るとても幻想的なマチュピチュが見られて良い。上記ワイナピチュには朝7時と10時の2つの入場時間が選べるが7時を選択するべき。もしワイナピチュに登らない場合も、早朝からマチュピチュ入りしたほうが朝のもやに煙るマチュピチュと昼の晴れたマチュピチュと両方見られて良い。が、重ねてワイナピチュ登山はお勧めしておこう。

早朝のマチュピチュ

昼のマチュピチュ

・早朝のマチュピチュ村からマチュピチュに向かうバスは行列になる
早朝のマチュピチュ行きバス停は混雑する時間に余裕を持っていった方が良い。我々は6時10分ぐらいにバス停に着いて並んだが、20分ぐらい並んだ。マチュピチュについたのは7時過ぎ。

・マチュピチュ村に1泊して次の日にマチュピチュに行くべき
南米の電車等は遅れることがしょっちゅう。しかも1時間単位で遅れる。そのため、電車で向かって着いたその日に見学しようとすると、もともと4時間ぐらいしか見学時間がとれないところを電車が2時間遅れて2時間しか時間がないなんてことが起きる。なので、マチュピチュ村に1泊して次の日の早朝からマチュピチュ見学するのが良い。ツアー会社の基本日程だとついた日に見学になっていることがほとんどなので注意。組み替えてもらおう。クスコから日帰りの弾丸日程なんてもってのほか。

・マチュピチュ村へ向かう電車はエクスペディションで十分
ビスタドームという1ランク上の列車だと天窓があるという情報だったが、一番下のエクスペディションでも天窓は付いていた。エクスペディションでも十分でしょう。ランク上の列車に乗ってないので比較できないけど。。。

・マチュピチュ村に向かうときの荷物は無理に減らす必要はない
我々は荷物を全部持ってマチュピチュ見学に向かう覚悟をしていたのでクスコから向かうときに荷物を極力減らしたが、マチュピチュ村のホテルがチェックアウト後でも荷物を預かってくれるので心配しなくても良い。

・雨具は傘もあるといい
しっかりとした雨が降るので傘があると良い。レインコートは必須だが、ポンチョを現地で買うのもあり。ゴミ袋から作ったようなシンプルなものだが、結構ゆったりした感じだったし悪くなさそう。我々はレインコートも持ってったが。

・三脚を持っていくと良い
マチュピチュ内での三脚使用は監視員に怒られることもなくOKの模様。広くなっている箇所など人の邪魔にならず使える場所は多いし好きな構図で写真を撮れるのでお勧め。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gasmatch.net/trackback/281
この記事に対するトラックバック